色弱・色盲の色覚補正 ネオ・ダルトンメガネ

ネオダルトンメガネ

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色弱補正メガネお試しの様子

 

ダルトンレンズをお試しの様子です 

ダルトンメガネ(色覚補正メガネレンズ)

色覚補正の効果は、実際に試して確認します。色弱と言っても色の見え方や感じ方は個人差がありますので、十分に試用してチェックする必要があります。

 

お仕事で、リード線の色を識別できずにお困りのお客様の例です

  インターネット関係の企業に就職したお客様の例です。

就職して実際に仕事を始めたところ、ごらんのような配線を扱う業務があり、配線に使われているリード線の色を識別できず困ったそうです。

ごらんのように、製品の配線に何色かのリード線が使われています。

電気製品の場合、配線をリード線の色で識別することは一般的です。リード線の色を識別できないと、配線作業や確認ができないため、業務に支障を生じるそうです。

特に薄暗い場所での識別がたいへんだそうです。

 色弱で色の判断に困るリード線配線の例 ダルトン

このお客様の場合、転職するかどうかまで考えたそうです。

仕事の内容によっては、色の識別は深刻な問題なのです。

 

 色覚補正メガネレンズを試す場合、お客様の色覚に合う補正メガネレンズを何種類か選び出します。

更に、色覚補正メガネレンズを使い、実際にリード線を見ながらリード線の色を識別できるか確認します。

その他、色のサンプルを見たり、外へ出て信号機や風景などを見ながら、色の識別を確認します。

このようにして、色覚補正の確認を行いますが、色覚には個人差がありますので、色覚補正メガネレンズでは対応できない場合もあります。

 

 

色弱の方にはどう見えているか?

 色覚には個人差がありますので一概には言えませんが、下の画像が色弱(色盲・色覚障害)の方の色の見え方の一例です。

赤色が識別しにくく、全体的に色彩が落ちています。

色が分からない、色が見分けられない状態 ダルトン

 

色覚補正メガネレンズで色覚補正することで、色の識別がある程度改善されるわけです。

 

 

カラーバリアフリー(色覚バリアフリー)がひろがりつつありますが…

 このような色覚障害(色弱・色盲)にも対応するような色使いをカラーバリアフリー(色覚バリアフリー)と言い、公共のサインボードやポスター、パンフレットなどで実施されつつあります。

しかし、仕事などの現場では、色で判断しなくてはいけない場面が多くあり、カラーバリアフリーだけでは対応できない状況があるのも現実です。

 

 

色覚の多様性を理解することが大事です

 色弱・色盲と言った色覚障害は、色覚の多様性の一つとして認識する必要があります。

このような色覚で色を見ている方がいらっしゃることを認識することが大事です。

色弱の方のご家族の方は、色弱の方がどんなふうに色を見ているのか理解しておくとよろしいでしょう。

 

 

特別な事ではありません。

 視力が悪ければ眼鏡をかけたり、コンタクトレンズを使うでしょう。太陽がまぶしければサングラスを使うでしょう。それと同じように色覚補正眼鏡を使うわけですから、特別な事ではありません。

 

色弱補正メガネお試しの様子

 

ダルトン メガネレンズ
色覚補正

参考:
色覚障害について
石原式色覚異常検査表

 

 

ネオ・ダルトンメガネセンター東京 >色弱補正メガネお試しの様子

ネオ・ダルトンメガネセンター東京
 
色弱・色盲 色覚障害を補正するネオ・ダルトンメガネ